保育士2年目の転職

保育士2年目 転職


保育士2年目の転職

今の保育園を辞めたい・・・

保育士として2年働いているけど、今の保育園を辞めたいと転職を考えている人も多いはずです。

1年目は悩みながらも目の前の仕事にがむしゃらに働いていたけれど、2年目になるとまた違う悩みが出てくることが多いんですよね。

働くことに疲れてしまったり、今の園で働き続けてもいいのかなど考えてしまう保育士さんも。

1年目から2年目になると、先輩保育士からの接し方、保育園に感じる思い、自分の中でもいろいろな感情が出てくることが多いです。
後輩の新人保育士も入ってくる園も多いでしょう。

それが良い方向に向かってくれると良いのですが、うまくいかない場合もありますよね。

悩みは人それぞれですが、保育士2年目の人が転職したいなと思う理由をご紹介します。

保育士2年目 転職理由

保育士として2年目、転職を考える理由としてよく挙げられるものとして、次のようなものがあります。

給料や待遇面に疑問を感じてくる

保育士1年目の時は、仕事を覚えるので精一杯でお給料や待遇面などに目を向けにくいことがほとんどです。

ですが、同じ保育士の友達や他の園で働いている人の話しを聞いていると、自分が働いている保育園に疑問を持ってしまうことがあります。

今一度、自分の持っている仕事量と待遇面をみて、納得できる待遇内容なのか考えてみましょう。

もしお給料やお休みなどに納得がいかず、もっと良くしたい!と思う場合は、転職を視野に入れるのもいいかもしれません。

保育園の方針に合わない

保育士2年目になると1年を通して経験をしているので、方針に沿った保育をすることができるようになっているはずです。

その中で保育園の方針に自分が思っていた保育観念と合ってないのではないか、そのような保育をすることができていないのではないか、と思うことがあります。

保育園の方針や保育理念に合っていても、他の保育士が理念に沿っていなかったりするときには、主任や園長に相談してみると良いでしょう。

自分が保育理念に合ってないという時は、自分の思っている保育観念に合っている保育園に転職すると良いでしょう。

保育観念が大きくズレている保育園で働くのは、難しいことだと思います。

保育園の方針に合った保育ができない保育士は、その保育園を親しみを感じて働くことができません。

保育士の仕事の向き不向き、子どもと接する難しさ、責任、やりがいなどいろいろなことがわかってきますよね。

理想としていた保育士のイメージとのギャップに悩んでしまう人もいます。

先輩からのあたりが厳しくなる

1年目だと許されていたことも、2年目となると1度経験したことなんだからとそうもいかなくなることもあります。

先輩や上司などから厳しく指導されることもあると思います。

1年目の後輩が入ってきたら、さらにあたりがキツくなることも。

自分自身にも先輩になったという気持ちから、わからないことを聞きにくくなったり、自分で追いつめてしまったり、気持ちがから回ってしまうことも。

2年目になって、1年目では経験していない責任のある仕事を任されるようにもなってきますので、余計にプレッシャーを感じてしまう原因にもなります。

人間関係

ほとんどが女性の保育士は、人間関係も複雑になっていることが多いようです。

1年目の時から周りとうまくいってない人もいるでしょうし、時間が過ぎていくことでうまくいかなくなってきたという人もいるでしょう。

人間関係が原因で、保育士を辞めてしまったり転職をする人がたくさんいます。

毎日働く場所で人間関係がうまくいっていないと本当にストレスが溜まります。

保育士2年目、転職時期はいつが良い?

このような理由から、保育士2年目だけど転職したい!という人は多くなっています。

転職するにしても、「2年目で転職するのはまだ早すぎるのではないか」ということです。

まだ1年しか働いていない、経験が3年もない、という理由から転職するのをどうしようか悩んでいる人も少なくないでそう。

転職をするタイミングは、いつが良いのかというのは難しい選択だと思います。

保育士2年目でも転職をすることは可能です。

辞める理由は保育園や他の保育士への不満だけではなく、結婚や出産だったり、他の業種に興味が出たりなどで保育士が不足している保育園も多いので、経験1年目や2年目でも若い世代の需要は高くなっていいます。

2年目の保育士が転職をするメリット

2年目の保育士が転職をするメリットは、若手だけど保育士経験があるので採用されやすいということです。

1年以上保育士の仕事をしていたこと、新人に近い年齢で新鮮さがあるということで2年目の保育士を積極的に採用している保育園もあります。

保育園としては、1から教えなくても一通りのことができるし、まだ経験が浅いので保育士としてのびしろがあるので2年目の保育士を
採用しています。

実際に保育士として働いてみて、自分が本当にやりたい保育というのが見えてくることがあります。

例えば、病棟保育士として働きたい、児童施設で働きたいなど今の保育園ではできないことにチャレンジしたい時には、目標に近づくために早めに転職をする必要がありますよね。

やってみたいという強い気持ちがあるのなら、保育士経験が1年でも熱意を伝えることで転職を成功させるこおもできます。

辞める前にやりたいことの情報をしっかりと調べて、何をどうしたら良いのかということを把握することが必要です。

いざ転職してみて、思っていた仕事内容と違うなんてことにならないようにしたいですね。

2年目の保育士が転職をするデメリット

2年目の保育士が転職をするデメリットは、どんなことがあるでしょうか。

人間関係や待遇面に疑問を感じて転職をする場合、他の保育園に転職すると楽しく働けるかもと期待する人は少なくありません。

ですが、転職によって良い方向に向かっているという人が多くいるのですが、あまり変わりはなかった、前の保育園より劣悪になった、ということも。

保育士2年目だと、まだ周りが見えていないこともあります。

今の保育園は自分に合ってないと思っていたけど、辞めてみたら実は合っていたかも・・・なんてことも十分あります。

転職をするときには、辞める前に「今の保育園は本当に合っていないのか」「転職先がどんな保育をしているかなどしらべる」など、しっかりとリサーチして、やっぱり転職しなければ良かった・・・といったことにならないようにしましょう。

派遣保育士という働き方を選択する事もできますよ。




キーワード