保育士の仕事、子育てと両立
保育士派遣会社ランキング > 保育士 子育てと両立 > 保育士 家庭と両立させるには

保育士 家庭と両立させるには


保育士 家庭と両立

保育士 家庭と両立させるには

女性が圧倒的に多い保育士という職業、保育士さん自身も結婚や出産といったライフイベントがある方も多いと思います。

出産後は、ママ保育士自身も、子育てをしながら働く女性として問題に立ち向かう事になりますね。

保育士として、家庭・子育てと仕事の両立をさせるには、働き方を見直す事が避けられないのが現状ではないでしょうか。

実際、保育士の離職理由の上位に来るのが、

妊娠・出産

です。

正社員の保育士としてフルタイムで働いていると、やはり残業が多くなりがちですし、持ち帰り仕事も多く、休みも取りづらい。

子育てとの両立はとてもではないですが、無理・・・

と、今までの仕事から思うママ保育士の方も多いと思います。

公立保育園に勤務している場合には、公務員ですからね。
産休・育休などもしっかり福利厚生として充実していますし、取得もしやすいでしょう。
復職してからも、子育てと両立しやすい環境にはある、と言えるかと思います。

しかし、私立保育園の場合には園の事情や園長、経営者の考えがより強く反映されますから、妊娠・出産時に退職、というケースは多いのではないでしょうか。

保育士の仕事自体には、やり甲斐も感じているし、出来れば子育てしながら保育士として仕事は続けたい

そうしたママ保育士にオススメの働き方は、パート・アルバイト、派遣保育士としての働き方です。

出産後、保育士として働き方を見直す

出産後、家庭・子育てと両立して働くためには、「保育士としての働き方」を見直す事が欠かせない、というのが現状といえるでしょう。

正社員として仕事を続けたい場合には、家事などを時短して、食事の準備も工夫してなど方法も色々とありますね。

でも、やっぱり子供が小さい間は子育ての時間を優先したい。
無理なく保育士としても仕事を続けたい、となると働き方を見直す事が一番大切かなと思います。

どうして家庭や子育てと保育士の仕事の両立が難しいか、というと・・・
やはり次のような問題が大きいですよね。

・仕事量の多さ
・残業時間
・持ち帰り仕事の多さ
・休みが取りにくい(連休も含め)
・急な休みが取りにくい

子供が小さい間は、どうしても急な休みが必要な事ってありますからね。

朝は元気だったのに、お昼前に急に熱が出た

深夜に急に熱が出て吐いて、慌てて夜間病院に。そのまま看病で休みたいけれど、朝からシフトが入っていてどうしても人数が足りなくて仕事に行かないといけない・・・

大きくなるにつれて、病気も減ってきますけれど、0歳、1歳、2歳といった時期は急に体調も悪くなりますし、自分で自分の調子の悪さを訴えることも難しいですからね。

どうしても子供の病気で休みたい日も多くなってしまいます。

それに子供の病気は、サインを見逃すと大変です。

実はとても大きな病気が隠れている事もありますからね。
心配であれば、やはり小児科を受診することが必要です。

受診する診療科を間違えると、病気のサインを見逃してしまいます。。

また、子育てしながら、保育士の仕事を続けるには家族からの協力・サポートが欠かせません

子供が病気になった時の事を考えると、両親や旦那さんが何かあればサポートしてくれるご家庭が多いとは思いますが、やはりそれでも子供が病気の時は休んで看病してあげたい、と思うママさんは多いのではないでしょうか。

また、そうしたサポートが得られない場合にはフルタイムでの仕事の継続は難しいですから、短時間パートでの保育士としての仕事は、週2,3日での派遣などを選ばれる保育士さんは多いです。

フルタイムの保育士(正社員)では子育てはやっぱり厳しい!

正社員の保育士として、家庭や子育てと両立してお仕事されているママさんも多いです。

素直にすごい、と思います・・・。

そこまでは私は頑張れない、というママ保育士さんも多いと思います。

保育士の働き方は色々と選ぶ事が出来る状況です。

保育士不足の状況もあり、今はパートでも派遣でも歓迎してくれる保育園、企業内保育所、託児所なども多いですからね。

子供の成長に合わせて、保育士として働き方を変えるという方法もオススメですよ。

関連記事として、

派遣保育士は家庭と両立しやすい働き方?

も合わせてご覧になってみてください。




キーワード