扶養内で保育士として働く
保育士派遣会社ランキング > 保育士 子育てと両立 > 保育士 派遣でも扶養内で働くことが出来る!扶養内とは

保育士 派遣でも扶養内で働くことが出来る!扶養内とは


扶養控除内で働く派遣保育士の働き方

派遣保育士として働くことをお考えの保育士さんの中には、
扶養控除内で働きたい
という希望をお持ちの方も多いかもしれません。
派遣でも扶養内OKの働き方ができる保育園などは多いですよ。
税金・社会保険の支払い面でメリットがある扶養内での働き方は、年収が一定額を超えないことが最も大切です。
それには勤務を管理しやすい派遣保育士の方が働きやすい面もあります。

扶養控除とは、扶養内で働くとは

扶養控除について、なんだかややこしくてよく分からない・・・という保育士さんも多いのではないでしょうか。

103万円、130万円、150万円、201万円・・・と扶養内で働く、といっても色々な金額がありますし、それぞれでかかる税負担も変わってきて分かりにくいですよね。

とりあえず税金や社会保険の負担が一番軽い103万円以下にしたら良いのかな・・・とお考えになっている保育士さんも多いのではと思います。

まず最初に、

扶養控除とは、扶養内で働くとは

といったことを一緒に抑えていきましょう!

扶養内とは

そもそも、扶養内といっても2種類あります。

  • 税制上の扶養
  • 社会保険上の扶養

の2つです。

全部含めて、「扶養内」でお考えになっている方も多いと思うのですが、税制上は別なのです。

ただ、税金を納める立場としては103万円だとこの税金負担が無い、130万円を超えるとこの税金が発生する、といったことで抑えることが出来れば十分でしょう。

私たちにとっては、年収がどこまでいくと、どんな税金が発生するかが重要ですからね。

必要な部分だけ分かるように、簡単にまとめていきたいと思います!

扶養内で働きたい時、注意すべき年収額(年収の壁)とは

扶養内で働きたい時、注意しなければならない「年収の壁」は次のようになっています。
(2019年3月時点。将来的に変更の可能性はあります)

扶養内 年収の壁

  • 100万円の壁 … 住民税
  • 103万円の壁 … 所得税
  • 106万円の壁 … 社会保険
  • 130万円の壁 … 社会保険
  • 150万円の壁 … 配偶者特別控除
  • 201万円の壁 … 配偶者特別控除の上限ライン

ギリギリ年収が超えてしまって税金の負担が発生したり、社会保険に加入して手取りが減ってしまう・・・といったことは避けたいですね。

残業をつい引き受けすぎてしまって、扶養から外れる・・・といったことも実際あります。

ちなみに、職場に「扶養控除内で働きたいんで!」とお願いしていても、厳密に計算してくれることはあまり期待せず、自分で年収を計算するようにしてくださいね。

経理担当者が忘れていることもありますし、そもそも面接をした人が伝えていないこともあったりします。。

シフト作成者がまた別の人、ということも多いです。

結局、自分で月収を把握して、収入をコントロールしなくてはなりません。

では、それぞれの「年収の壁」を見ていきましょう。

100万円の壁とは

100万円の壁は、最初に発生する壁です。

100万円を超えると、住民税が発生します。

自治体によって100万円の壁ではない場合がありますから、お住まいの自治体ホームページで確認されることをおすすめします。

100万円までは、所得税も社会保険料も負担なしで扶養控除を受けることが出来ますね。

100万円を12ヶ月で割ると、月収にして83,333円となります。

103万円の壁

103万円を超えると所得税が発生します。

住民税+所得税の支払いが103万円を超えるとある、ということになります。

106万円の壁

106万円を超えると、条件に該当する場合には社会保険に加入する必要があります。

その条件とは・・・

社会保険加入の条件

  • 正社員が501人以上
  • 収入が月88,000円以上
  • 雇用期間が1年以上
  • 所定労働時間が週20時間以上
  • 学生ではない

保育園の場合、ここまで大きな規模のところも少ないと思いますので、106万円では社会保険には加入しない方が多いのでは、と思います。

130万円の壁

年収130万円を超えると夫の社会保険の扶養を外れ、社会保険に加入することになります。

社会保険に加入すると将来、自分で受け取れる年金額は増えます。
ただ、手取り額も減ってしまいますね。

配偶者特別控除も受けられますから、旦那さんの年収なども合わせて検討することも必要かなという金額です。

150万円の壁

年収150万円を超えると、夫の収入等と妻の所得額に応じて段階的に配偶者特別控除が受けられます。

ただし、夫の所得が一定の範囲(年間の合計所得金額が1,000万円 ※給与収入のみの場合、年収1,220万円)を超える場合には適用されませんので注意が必要です。

201万円の壁

配偶者特別控除が受けられる上限の年収ラインです。

ここまで稼ぐなら、もっと頑張って働いても良いのでは、と思える年収ラインです。

年収の計算では、交通費は含める?

年収の計算をしてみると、

「あれ、交通費ってどうするの?年収の計算に含めるの!?」

と迷う方が多いと思います。

交通費の扱いは、税制によって異なる扱いとなっています。

交通費の扱い

交通費は・・・

「所得税の計算では交通費は含めなくてOK」

「社会保険では交通費は含める必要あり」

ということになります。

社会保険に加入しなくて良いギリギリの年収を狙って働く場合には、税引き前の年収に加えて、年間の交通費もしっかり把握して計算することが大切になりますので、ご注意ください!

こうした点も、税金などが面倒に感じられる原因とはいえますね・・・。

扶養内OKの派遣保育士求人を見つけるための派遣会社

派遣の保育士として働く場合でも、扶養内(短時間)で勤務OKの保育園や院内保育室、こども園、託児所など様々な保育施設からの求人を探すことが出来ます。

思った以上に、

  • 短時間OK
  • 週2,3日OK

で働く事が出来る派遣先を見つけることができますので、派遣会社に希望の日数、時間で相談してみてくださいね。

派遣保育士の求人数の多さでいうと、アスカが運営する「保育情報どっとこむ」がおすすめです。

ほいく畑は運営元のニッソーネットが優良派遣事業者に認定されており、安心して利用することが出来ます。

扶養控除内で派遣として働きたい、という場合には次のような保育士派遣会社の活用をオススメします。

保育情報どっとこむ

ほいく畑

保育ひろば

ちなみに、派遣の求人もありますが、パート・正社員の求人も豊富ですから、働き方に迷っている保育士さんは働き方について相談もしてみてください。

その働き方の希望に合わせて、パート、派遣と求人を提案してもらうことが出来ます。




キーワード