派遣保育士のメリット
保育士派遣会社ランキング > 保育士派遣の働き方 > 保育士が派遣で働く時の福利厚生について

保育士が派遣で働く時の福利厚生について


保育士派遣 福利厚生について

保育士派遣で働く際の福利厚生はどうなるのでしょうか?

結論からいうと、派遣保育士として働く場合、雇用元は派遣会社となりますので福利厚生は派遣会社のものを利用することが出来ます。
福利厚生に関しては利用して働く派遣会社によって差がある部分です。

派遣保育士としてお仕事をする場合、福利厚生と合わせて研修なども充実しているかどうかもチェックされることをおすすめします。

例えば小規模保育園で働きたいけれど、経営母体が小さいと福利厚生も乏しいのでは?といった心配をされる保育士さんもいると思いますが、派遣保育士として働く場合には大手派遣会社の充実した福利厚生が利用可能、といったことになりますから安心感はあると思います。

保育士派遣で働く際の福利厚生について掲載しています。

派遣保育士のメリット、ライフスタイルに合わせた働き方

保育士の年収が低い、ということが言われています。

仕事の大変さと比べて年収が低すぎるために潜在保育士が保育の現場に戻ってこない・・・ということなどが社会的に問題になっていますが、同時に保育士の労働環境が悪いということも問題視されています。

労働時間が長い、サービス残業、持ち帰りの仕事、万年人手不足・・・。

このような働く環境では、せっかく育てた人材が職場を離れていってしまうのは、とても痛手ですよね。

保育士の雇用形態は、正社員・パート・アルバイト・契約社員など様々な働き方があります。

中でも、派遣保育士という働き方が注目されているのをご存知でしょうか。

育児や家庭との両立をしながら保育士として働きたい場合に、ライフスタイルに合わせた働き方、希望に合わせた柔軟な働き方ができることがメリットと言われています。

派遣保育士の待遇

派遣保育士として働き続ける時に気になる、お給料や勤務形態をチェックしていきましょう。

・給与、ボーナス
派遣保育士のお給料は、時給になります。

時給は、地域や資格の有無、経験などで変わりますが、一般的には時給1,000円~1,500円程度になるようです。

保育士資格を持っていれば、時給が高くなることが多いです。

ボーナスは支給がない派遣会社が多いので、正社員と比べると年収は低くなることがあります。
ただ、やはり残業無しで働けるのは魅力的ではと思います。

交通費はだいたいの場合支給されますが、上限があったりすることがあるので、契約するときにしっかりと確認しましょう。

・勤務形態
正社員とは違って、派遣は柔軟に働く時間を決めることができます。

ライフスタイルに合わせて出勤時間を設定したり、出勤日数を扶養範囲内にしたり、都合に合わせて調整したりなど、自分らしく働きやすいのが派遣保育士の特徴と言えます。

・社会保険
保育士派遣は、契約期間が2ヶ月を超えているなら、強制的に社会保険の被保険者になります。

派遣期間が2ヶ月以下の場合は、基本的には派遣会社では社会保険対象とはなりません。

・産休・育休
派遣保育士ももちろん、産休や育休を取得することができます。
とはいっても職場の忙しさもありますから、好き勝手に取得するのはやはり難しいです。

派遣会社が職場と交渉にあたってくれます。

ただし、派遣会社によって条件があるので確認をするようにしましょう。

・有給休暇
派遣保育士も、有給休暇があります。

ただし、所定の条件を満たした場合に年次有給休暇が付与されます。

派遣会社によって細かい条件は変わってきますが、一般的には法定通りの条件になります。

・雇い入れから半年間続けて勤務していること
・全労働日の8割、出勤していること

派遣保育士の有休は、派遣会社より取得することができます。

有休を使う時には、派遣会社と働いている保育園両方に届けを出すようにしましょう。

行事やイベントなどと希望有休日と重なってしまったときや、他の保育士との関係などで必ず思っている通りの休みを取ることができないことはあります。

もしも困ったことがあったり、言いづらかったりすることがあるのなら、派遣会社が伝えてくれることもあるので安心して有休を申請することができます。

派遣保育士のメリット

・じっくりと職場を決めることができる
派遣会社が契約している保育園の求人を、コンサルタントと相談しながら探すことができます。

求人先の長所や短所、理想としている保育、スタッフの人間関係などをチェックすることが可能です。

その時に、あなたの希望条件を伝えることもできます。

・交渉はコンサルタントにお任せできる
面接時などに、お給料やお休みのことなど、なかなか保育園側に伝えにくいことってありますよね。

直接伝えることが難しかったり言いにくい希望条件を、コンサルタントがあなたに代わって交渉をしてくれます。

伝えづらい内容のことを保育園に直接言えないときは、コンサルタントにお願いしちゃいましょう。

言いづらいこともコンサルタントになら、あなたの気持ちを伝えやすいと思います。

・高時給、好条件の求人案件が多い
派遣保育士は、主に時給制のことが多いです。

一般的には約1000~1500円ほどになるようです。

契約社員・パート・アルバイトの保育士の時給が約900~1000円前後と考えると、派遣保育士の時給は好条件になりますね。

派遣保育士だからといって全く残業がないということではありませんが、正社員と比較して残業なしという求人も多くあります。

お給料は保育園からではなく派遣会社の規定に従って支払われます。

派遣会社では、時間単位で保育園と契約を結んでいるので、残業代はしっかりと保育園に請求されますので、残業代をもらうことができなかったということはありません。

正社員の場合、サービス残業となってしまうことがあると言われています。

派遣保育士は派遣会社が間に入るので、そのような厄介なことに巻き込まれることはありません。

・伝えたいことはコンサルタントが交渉してくれる
無理な残業を指示されたり、契約内容とは違う仕事内容を頼まれたりしないように、派遣会社がしっかりとサポートしてくれます。

また、他のスタッフや園長との人間関係の相談や直接伝えにくいことをコンサルタントが間に入って、確認をしたり相談や交渉までしてくれます。

働いている時に頼まれたら断りずらいことってありますよね・・・。

なかなか「できません」という一言って言いにくいと思います。

言いたいけど言えない!という方には、コンサルタントがワンクッション入ってくれることがとても心強いと思います。

・サポートが充実している
決められた契約期間が終了となった場合でも派遣会社に登録してあるので、すぐに次の勤務先を派遣会社から紹介してもらえることができますので、自分で探すことはありません。

紹介予定派遣として働くと、正社員として登用可能なこともあります。

派遣保育士のデメリット

メリットがあれば、反対にデメリットもあります。
派遣保育士として働く際のデメリットについて、みてみましょう。

・安定した雇用への不安
契約期間が終了した場合、延長にならないことがあります。

ずっと同じ保育園で働くことができるかわからないということです。

また、経営状態で派遣保育士が契約打ち切りになる対象になってしまう可能性もあります。

・特別な支給がない
派遣保育士の場合、ボーナスが出ません。

交通費は一般的に支給となっていても上限が付いていたり、支給なしということもあります。

家庭の都合などでお休みが続いたときなどは、給料が少なくなる月があります。

このような収入面での不安があげられます。

・疎外感や物足りなさを感じることがある
正社員の保育士と区別して仕事を割り振りする保育園もあります。

また、スタッフ同士の交流の場などに呼ばれないなど、疎外感を味わうことも。

派遣保育士は期間が決まっていることがあるため、担任を持たせてもらえなかったり、責任のある仕事に就くことが難しかったりします。

そのため、保育士としてスキルアップを目指しているときには物足りなさを感じることも。

こんな人に派遣保育士がオススメ!

派遣保育士として働くメリットは、働き方の自由度と柔軟性になります。

せっかく取得した保育士の資格だから活用して働きたい!

子どもに関わる仕事を続けたい!

保育士の仕事をしたいけど、家庭と育児を優先したい!

このような状況の保育士は多いと思います。

そんな方にこそ、柔軟な働き方ができて、パートやアルバイトと比べると高時給・好条件で働くことができる派遣保育士という働き方がオススメです。

家庭状況や両立に不安をもっている保育士は多いと思います。

派遣保育士なら、個人の事情に合わせた働き方をすることができます。

逆に、保育士としてキャリアアップしたい、担任を持って子ども達の成長やクラス運営に最前線でバリバリと働きたいという方は派遣保育士ではなく、正社員として働くほうが向いていると思います。

子育てや家庭の状況が落ち着くまでは派遣保育士として働いて、改めて正社員を目指すこともできますよ。

将来最前線で働くステップとして今は派遣保育士として働いて、現場で働く勘を持ち続けるために仕事を続けていることはとても大切なことになるでしょう。

保育士一人一人のライフスタイルに合わせて働くことができるのが、派遣保育士なのです。

ライフスタイルに合わせた新しい働き方ができる派遣保育士

派遣保育士は、メリットもデメリットもあります。

ですがそれは、正社員でもパートでもどの働き方でも同じことが言えまよね。

また、保育士資格を持っているけど、保育に関る仕事をしていない潜在保育士が約77万人もいると言われています。

中には、保育士の仕事が嫌になって辞めている方もいると思います。

しかし、ほとんどの保育士が待遇・働き方・拘束時間などによって保育士として働き続けることが難しく感じているそうです。

保育士待遇の改善が行われてきてはいますが、それが全てではないですよね。

保育士はまだまだ女性が多く、女性中心の職場ですので、家庭との両立は長年のテーマとなってきます。

派遣保育士という新しい働き方は一人一人のライフスタイルに合わせた働き方ができるので、保育士の仕事に復帰を考えている方や長年のブランクがある方、保育の現場に戻りたいと思っている方にオススメの働き方です。




キーワード