派遣保育士として働く
保育士派遣会社ランキング > 保育士派遣の働き方 > 保育士派遣のメリット・デメリット

保育士派遣のメリット・デメリット


保育士派遣 メリット デメリット

派遣保育士として働くメリット・デメリット

保育士として仕事は続けたいけれど、正社員の今の働き方はもう限界・・・

という事で派遣保育士として働く事に興味をお持ちになる保育士さんも多いと思います。

シフトでの夜勤、持ち帰り仕事、長い残業時間・・・なかなか昇給しない待遇、職場の人間関係など、保育士を辞めたいと思う瞬間も多々あるのではないでしょうか。

でも、やっぱり子供が好きだから保育士の仕事は続けたい

そうした保育士さんも多いのではないでしょうか。

仕事を続けていくことを考えた場合、保育士としての働き方も色々とありますよね。

・正社員
・契約社員
・パート(時短勤務なども含めて)
・派遣

など、それぞれに働き方のメリット・デメリットがあります。

色々な働き方の中で、派遣保育士として働く事に興味を持っている保育士さんは増えているという事です。

派遣会社に登録される保育士さんも増えているそうですよ。

保育士派遣に力を入れる会社も増えていますし、保育士派遣会社として特化している会社もあります。

(保育士派遣会社については、保育士派遣会社 おすすめ ランキングでご紹介をしています)

ここではまず、保育士が派遣で働く際のメリット・デメリットについて、改めてみていきたいと思います。

保育士が派遣で働くメリット

パート・アルバイトよりも高時給・高収入

今月の給料を計算してみる
派遣保育士として働く場合、時給は1,000円~高時給となると時給1,600円などでも求人があります。
パートの場合には時給900円~時給1,000円前後が多いですから、より高収入を得る事が出来ますね。

例えば、時給1,300円で1日8時間、月に22日働いたとすると、

時給1,300円 × 8時間 × 22日 = 228,800円

という月収となります。

手取りはもう少し減りますけれど、正社員の保育士として働いていた頃よりも収入アップする保育士さんは多いのではないでしょうか。?

派遣ですからボーナスはないとはいえ、収入面で考えると正社員求人と同額程度、稼げる場合もあると言えます。

派遣の場合、労働条件が正社員よりは良いといえますので高収入かつ残業無しで働きやすさを求める場合には、ピッタリの働き方といえるのではないでしょうか。

残業無しで働ける

残業には正社員として働いていた頃に悩んでいた保育士さんも多いのではないでしょうか。

子供が相手ですから、定時になったとしても「今日はもうおしまい!」と切り上げる訳にもいかず、事務処理も残っていたり・・・と毎日の残業時間の長さに悩んでいた保育士さんも多いでしょう。

残業代がつけばまだ報われますが、サービス残業ですよね。基本的に。

しかし、派遣社員の場合には契約により働き方が制限されます。
残業無しで派遣されていれば、残業無しで帰る事になります。

残業ありで派遣契約をしていれば、しっかり残業代が支払われます
さらに高収入・高給与となりますね。

経営者にとっては派遣の残業は高くつきますから、出来るだけ避けたいと考えているはずです。
そのため、派遣として働く場合にはプライベートも充実させやすい働き方が出来る、といえます。

これも、派遣保育士としての働き方が人気の理由の一つとなっています。

ライフスタイルに合わせた働き方がしやすい

派遣社員は希望の条件、働き方で派遣先を探しやすいというメリットもあります。

保育士さん自身も子育て中!という方も多く派遣会社に登録をしていますよ。

自分の子供の保育園のお迎えを考えて、

「16時まで、残業無し」

であったり、

「土日休み」

など、希望の働き方で働ける保育園などを優先して探してもらう事が出来ます。

派遣会社のコンサルタントは場合によっては、交渉も代わりに行ってくれますので、お仕事探しをしている保育士さんにはとても便利な存在です。

保育士は求人ニーズが非常に高く、今は希望条件で働きやすい状況と言って良いのではないでしょうか。

半年働いて、1,2ヶ月休んで、また働く。
こうした働き方も実現出来るのは、派遣だからこそ、といえますね。

未経験、ブランクありでも働きやすい

保育園で復職した保育士
派遣は未経験であっても、ブランク期間が空いての復職であっても働きやすいと言えます。

というのも、派遣会社が保育士さんの職歴などを保育園に伝え、それでもOKな場合に派遣が決まるからです。

派遣であれば担任を持つこともありませんし、基本的に正社員の保育士の補助といった仕事内容になりますので、そこまで経験を求められる事も少ないと言えます。

もちろん、経験に合わせて仕事を任せてもらえる園や職場を探してもらう事も出来るでしょう。

ブランク明け、未経験であっても職場を探しやすいというメリットも、派遣の働き方にはありますね。

人間関係が楽

派遣保育士として働く場合、派遣期間を決めて働く場合が多いです。
3ヶ月、半年が多いでしょうか。

もちろん働きやすい職場であれば、派遣期間を更新してといった事も相談出来ます。

期間が決まっている事から、人間関係が楽に感じるはずです。
保育園にありがちな派閥、人間関係がイヤな方にとってはとても気楽に働ける理由になるのではないでしょうか。

働きにくさを感じるのであれば、契約期間が終わる前に次の派遣先探しを派遣会社に相談する事で、仕事を途切れさせずにすみますね。

トラブル時には派遣会社がフォロー、相談も可能

保育士派遣会社コンサルタント
万が一、派遣先で就業して「契約と違う仕事内容、働き方」であった場合や、人間関係でトラブルがあった場合などは派遣会社に相談する事が出来ます。

直接雇用(正社員、パート、契約社員など)の場合、上司に相談出来ないことも多いですよね。
泣き寝入りといった可能性もあります。

自分では言いにくい事も、派遣会社に相談する事で対応をお願いしやすいのは派遣として働く事のメリットといえるではないでしょうか。

保育士が派遣で働くデメリット

ボーナスが無い

派遣は基本的にはボーナスはありません。
交通費も支出されないことが多いので、もし交通費支給の派遣求人が見つかったらラッキーかもしれません。

派遣会社から交通費が支給されたり、働き方によっては福利厚生も利用出来る事がありますから登録時に確認されると良いと思います。

福利厚生などはしっかりした派遣会社を選びたいですね。
規模が大きな派遣会社ほど、基本的には福利厚生も含め研修制度など整っている事が多いといえます。

同じ保育園、職場で働き続けられない

同一職場への派遣期間の上限があります。

そのため、どんなに働きやすい職場であったとしてもいずれは勤務を終えなくてはなりません。

逆に長く働くつもりだったのに、契約を切られる可能性もあります。
派遣の不安定さではありますが、現状、保育士の需要は非常に高く、次の派遣先が見つからないといった事は考えにくいです。

職員と人間関係を作りにくい

派遣を受け入れる園の他のスタッフは、派遣保育士が短期間でいなくなると考えています。
そのため、人間関係を作りにくいといった事もありますね。

そうしたドライさがダメ、寂しいといった方は、派遣が向いていないかもしれません。

即戦力を求められる

派遣は保育士に限りませんが、即戦力を求められる事が多いです。

ただし、あらかじめ「未経験、ブランクあり」などを派遣会社に伝えておく事で、条件に合った派遣先を探してもらう事が出来ます。

仕事に不安がある保育士さんはしっかりと、派遣会社の担当者に相談をしてからお仕事紹介を受ける事をオススメします。

派遣は収入が不安定

派遣社員は時間給で働きます。

そのため、月によっては勤務時間が減りますね。
高時給ですから、以前よりも手取りが増えた、という場合でもしっかりと貯蓄するなど、一年を通して波のある収入を想定しておく必要はあるといえます。

保育士派遣のメリット・デメリット、まとめ

希望条件で保育士求人を探すには
保育士が派遣として働く事の主なメリット・デメリットについて見てきましたが、保育士さんの状況によっては派遣の働き方はとてもメリットが大きいものとなるのではないでしょうか。

特に、残業無し、高時給、希望の勤務期間で働ける、と言った事は魅力に感じる保育士さんも多いのではと思います。

派遣保育士としての働き方に興味のある方、実際に住んでいるエリアでどういった待遇、職場の派遣保育士求人があるかを知りたい、といった保育士さんは

⇒ おすすめ保育士派遣会社

などを利用して、情報を得てみてはと思います。




キーワード